​水分、補給食について

 人間は体重の3%の水分を失うと脱水症状になるといわれています。普段の生活においても水分補給は大切で、更にサイクリングは長い時間続く運動なので水分の携行が欠かせません。走っている時は風で汗が乾くのであまり実感がないかもしれませんが、想像以上に水分を消費するスポーツです。体が一度に吸収できる水分は決まっているので、運動中のこまめな水分補給はパフォーマンスを維持するカギとなります。

 

 季節や個人差もあるので一概には言えませんが私は常に2本持ち歩いています。過去に上位を目指して臨んだレースで軽量化を目的にシングルボトルで走っていたところ他の選手の落車を避けた衝撃でボトルが飛んでいき、脱水でリタイアとなった経験があります。また、私の住む白馬村は一路山に入るとコンビニどころか自販機も多くはありません。自分の身を守るために多めの水分携行を心がけています。

 

 サイクボトルは走りながらこまめに水分補給できるように設計されています。一時的に片手離しになるし呼吸の妨げになるので飲みやすさが重要です。ボトルケージからの出し入れがしやすいか、ボトル本体は握りやすいか飲み口の開閉や水の出がスムーズか、匂いは気にならないかなどポイントがいくつがあります。まずは近所で試してみましょう。

 

 ボトルは環境、形状など菌が繁殖しやすい状況にあります。傷つきにくいブラシでよく洗浄しましょう。次亜塩素酸ナトリウム溶液での消毒が望ましいです。特に飲み口はこまめに分解洗浄し乾燥しましょう。

 

 一度脱水になるとしばらく体調が戻りません。低血糖も同じくです。水分と補給食は常に携行して体調不良を予防しましょう。

おおしま みちひこ
大島 理彦

​Career

長野県自転車競技連盟所属
元国体自転車競技長野県代表
​現同連盟強化コーチ
日本体育協会コーチ資格所持
​リスクマネージャー研修修了者

傅 正功

Pioneer

日本インバウンドアドベンチャーツーリズム